これ書いてる人

スポンサードリンク

プロフィール|バカログケイティ

どうも!バカにされないバカのブログを運営しているケイティ(@keity_jp)です。

まず、「バカログ」というブログのタイトルの由来ですが、どういう意味なのか?とよく聞かれるので最初に書いておこうと思います。これは、「バカにされないバカになる」という僕の目指す大人像を表す言葉だったのでこれにしました。最初ブログのタイトルって結構悩むんですよね。で、色々なブロガーさん達のタイトルの決め方で調べてみると、それぞれ理由はあったんですが、僕の中ではその中から決めた方を1つに絞ったんです。「絞りすぎない」という事に!

なんでかっていうと、例えば、バカログは元々、起業する前の、質素倹約フェーズから起業して、起業した後の組織設計や事業設計、事業売却、と入り口から出口までの選択肢の情報を公開していくつもりで作ったんですが、「どこどこ行った」とか、「なになにした」とかのブログ、いわゆる雑多記事的なのも最初は書くかどうかわからんかったので、方向性はすごく悩みました。でも、方向性は、最初こそ、よく悩んだ方がいいと思います。僕は、悩んだ結果、この「絞りすぎない」ということに決めました。理由は、絞りすぎると、ブログ自体の柔軟性がなくなり、後々、自分が書いていて書きづらくなるんじゃないかと思ったらです。なんでもそうですけど、理想と最悪を考えた時に、「書きたいのに、書けない」が結果。「辞めるに」繋がると思ったからです。それが一番最悪だと思ったので、「バカにされないバカな大人」要は、皆、大なり小なり、失敗はするけど、1個も失敗しないで、前に進むなんてそもそも無理だから、だったら逆に開き直って、バカにされないバカになろう!って思ったらいいんじゃないかなと!「バカにされるバカ」だとそのまんまダメだと思うんですけど、失敗してもいいから、他人から見たら、「バカだろ!?」と思われるような事もするけど、でも、バカにされない何か、キラと光るものがある。そんな人たちが僕は好きだから、このタイトルにしました。あまり真面目すぎても、それはそれで面白くないので、「バカなんだけど、バカじゃない」人と色々と絡んでいけたらなーと思ってこのタイトルにしました。

1 バカログケイティーの簡単な略歴

ファンダー兼ブロガーに「バカにされないバカのブログ」を運営 

unspecified

1985年生まれの31歳。神奈川県横浜市出身。

現在31歳A型。神奈川県出身。神奈川県横浜市出身。
ファウンダー兼ブロガー

横浜の港町➡︎みなとみらい➡︎港区(白金)➡︎六本木➡︎千代田区に引越し
現在、通販事業と語学関連の事業を2社経営。これまでに2つの事業売却と1社のM&Aを実施
また、2度のピンチと2度の復活をし、個人メディア「バカログ」を運営。

起業前、仕事は転々としつつ、様々な仕事を全部バイトでこなす。(社員としての就職経験はありません)

  • 家庭教師の営業マン
  • 佐川急便の集荷スタッフ
  • 職業:自分ではスポンサー契約と言っていてるが月収300万
    ※別途記事にします
  • オリジン弁当
  • 通信関連の営業
  • 起業➡︎人脈ないから強行突破
  • 通信事業
  • 太陽光事業開始➡︎売却
  • 留学事業スタート

幼少期の頃、両親が経済的に困窮していたため、1度施設に入り、兄貴と家の玄関で「初めまして」の挨拶で出会う。両親の教育は厳しく、早く自立したいという思いを子供ながらに抱き、小学校の卒業文集では「夢」というテーマに対して「早く大人になりたい」というテーマで書いて、先生が両親と面談することに (笑)
高校生の時の営業のバイトで月収80万稼ぐ高校生で、入社した1年後には埼玉の大宮支店でマネージャーを任され、当時17歳だった頃に、大学生、専門学生に営業を教える。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-07-10-57-50

高校卒業後、様々な職種を経験して、20歳の時に某上場企業の通信関連の会社にアルバイトで入社し、1ヶ月で1位になりそこから1年TOPをやり続け、マネージャーに21歳の時になり約1年間バイトでマネージャーを経験して退社。当然ながらバイトでこれだけ稼げてしまうと、就職という道は必然となくなり、就活もせず、そのまま22歳で起業。最初こそ、創業メンバーの裏切りなどあったものの創業3年目には年商5億を突破し、1年に3回事務所を移転する程の急拡大。そんな時の東日本大震災。

関連記事:復活のために僕がしたこと10選

震災の影響でうちの会社の最大の取引先から営業自粛命令、どれくらの期間続くのかと思いきや、僕らの事業は大手の通信会社、営業停止期間1年の通告。事務所は200坪の所に移転したばかり、新卒は大量に入ってくる。中国での新卒採用もしてたので、そのこ子達も入ってくる。その状況で1年の営業停止。最初言われてる意味がわからなかった。「死ね」と言われてるみたいだった。しばらくして、家賃で月200万+光熱費。+人件費(60名分)と人生で一番追い込まれた時期。

とはいえ、そんな簡単に会社を潰すわけにもいかないので、このままいったら結果的に1億2000万の借金が僕に残るという状況まで行ったが、なんとか打破しようと、復活実績のある経営者などを研究。それと同時に今回、震災は自分のせいではないが、震災が来たくらいで会社が潰れる瀕死の状態に行ったのには自分が原因だと考え、何が問題だったかを考えた。

1、固定費と売り上げが平行して上がるビジネスモデルをやっていたら人も切れないし、事業も止められない
2、「紙とペンだけあればビジネスモデルが作れるという状態に自分の脳みそをしよう」
営業停止にもなってるので、この際、ビジネスモデルの作り方とマーケティングを猛勉強。当時、太陽光事業がこれから熱いというニュースを見て「これだ!」と思い、業界の構造と仕組み、市場規模、競合調査などを調査。当時思いつく、理想のビジネスモデルを作り、インプットとアウトプットを同時に実行。取り敢えず、コストを下げなければいけないが、最初の半年程、フリーレントで入居したので、2年間は事務所を解約すると違約金が約1000万。なんとか瀕死の状態から2年で復活。借金も完済し、立ち上げ当初から決めていた売却も太陽光会社に事業譲渡を実行し、終了。そこから本業の仕事も徐々に通常営業に戻りなんとか無事2つの事業で復活!!

理念も大事だけど、ビジネスモデルも強くないと会社はダメだと痛感

借金の現実に、自分の中で幾ら理念だ!ビジョンだ!と綺麗事を並べてもお金がなかったら、ただの綺麗事になる。という自己嫌悪に陥り心機一転、ビジネスモデルを考えた結果、それまで大切にしてきた理念や存在意義をすっ飛ばして、テクニックに走り。うまくいってしまいひとつの核心にたどり着く。

「社員は極力いらない!ビジネスモデルだ!」と

社員がいるから固定費が上がるんだと。事実太陽光の事業は社員数を増やす=固定費が増えるという事を避け逓増型ビジネスモデルにするため、社員1名、しかもその1名の能力がそんなに高くなくてもできる、いわば仕組みで稼ぐというモデル。これが当時、僕の出した結論。

そうして、色々と振り返り、自分が起業したこと、挫折したこと、借金返すためにビジネスモデル作って返し切ったこと、M&Aしたこと、別事業を立ち上げたこと、事業売却したこと。要は、僕は、事業を作って、仲間を集めて、会社をデカくする事とか、上場したいとか、僕が会社を作ってから実際10年経営して分かったのは、全くそこにワクワクしないということ。僕は自分が夢中になれるところに、同じように夢中になれる人と一緒にやったりするのが好きで、そんなに世話焼きではない。ということ。考えてみれば、営業会社でも1位になってたけど、誰かに教わったんじゃなく、自分で考えて試して成果を出して来た。太陽光事業もそう。
だから、経営とかってなると、財務だ、人事だ、新規事業だ、部下の教育だとやったこともあるけど、そうしたら、つまらなくなった。

「やるならからには極めたい。」

自分のパワーが分散させられるのが嫌だったんだろう。自分の会社なのに、自分がいなくても動くようにしなければいけないし、そうすると、実務は実務でやれないので、自分自身いまいち、やり甲斐を感じなくなっていった。

関連記事:20代前半で自分が何に向いてるかなんかわかるわけない

逆に、少数になって思ったことは、自分の極端な学習の仕方や猪突猛進的な行き過ぎた自己否定と考え方から根本的に考え方を変えるのが早くて、逆にいいところまで変えてしまう性質もあるということ。そうして行き着いた結論が少数で最強のビジネスを作るということだった。

関連記事:変えていいこと変えてはいけないこと

僕が、復活したノウハウや経験を伝え、個人メディアで自己実現をサポートするために2017年、夏頃より「ブログ×ビジネスモデル」が学べるオンラインサロン「ブログファクトリー」を主催予定。

2016年より東京都千代田区へ移住。
現在は自宅とオフィスを近くにしブログ・コンサル・トレード・顧問・会社経営は売却前提やっている。個人メディアの他に、復活コンサルや一人ビジネス実践会などを平行しつつ、趣味で株とFXで資産運用をしている。

2 ぼくの根幹にある価値観「愛」と「好奇心

ぼくの根幹にある価値観を知ってもらったほうがいいと思うので公開する。ぼくは常に「愛」と「好奇心」を優先して考えています。だけど、僕はどちらかというとな内向的人間で、自分を表現するのが下手で、基本的に活動的ではない。ただ、ここで勘違いしてほしくないのは「好奇心の赴くままならなんでもやる」という考えではない。人はどうせ仕事をする。なにやっても人と関わっていかなければいけない。というのも、どういう動機であれ、ビジネスの根幹は相手への思いやりだったり、自分が満たされたいと思うのも、自分への自己愛だったりするわけで。他にも地元への愛とか。愛にはいろんな形があると思っている。

「好き」はわかる。好きの反対は嫌い。
だけど愛の反対は何?と言われたら「?」と一瞬、思うわけ。
それかマザーテレサの「無関心?」が答え?

僕が思う愛とは、「創造性」だと思う。
人に対して大切に思うことも、事業を作って、お客さんに喜んでもらうのも、
誰かをびっくりさせたいと思ういたずら心も、地元への愛も
だから、そういう愛を土台とした人間本来の暖かさと自分の心がどう動くのか、自分でも読めない自分。そんな自分の好奇心を自分の根幹の価値観として大切にしている。

だから、今やりたいことをやりたいようにやろうというわけ。

  • 今住みたいところに住む
  • 自分のやりたいことだけ仕事にする
  • 自分だけの世界をしっかり持っておく
  • 他人の目は気にしない

どうせ生きるんだから、他人の意見や目を一切気にせず好きなように生きる。人と適度な距離感で付き合える。すごく人生が楽になる。自分が好きにやるから、他人にも好きにさせてあげられる。素直に応援できるし、応援を受け取ることもできる。

バカログには、そんなちょっと変わった人生観やものごとの考え方そして、いい意味でも悪い意味でも好きにやってるぼくの様子を書くことで「あ、自分も好きにやっていいんだ。どうせ仕事するんだから」と前向きになってくれる人がたくさんでてきたら最高

そろそろプロフィールに飽きたんだけど?って方はこちらにまず読んでほしい厳選記事をまとめてるのでどうぞ。
関連記事:年収を上げても無駄です!大事なのは稼ぐことより、節約、質素倹約な生活が出来るか!?

3 改めてごあいさつ

はじめまして!
ぼくに興味を持っていただきありがとうございます。
バカログを運営しているのケイティです。
ぼくは22歳の起業してから、迂用曲折、震災で1億2000万の借金だ。復活だ。組織が謀反だ。事業売却だ。逆にM&Aだと色々経験させてもらい様々な業種も転換することで、今のライフスタイルを始めました。

  1. 組織にとらわれず仕事をする
  2. 時間と場所を自分で選べる働き方をする
  3. お金の為の仕事はしない
  4. 優秀なパートナーとしか仕事は組まない
  5. 少数の人とする。

という5つをすべて実現するライフスタイルが、固定費と移動をとことん減らし、少数でするビジネスをする事でした。もちろん、旅して生活もすでにできる下地はありますが、僕は自分の手で動かす仕事が好きで、とくに一人のビジネスモデルに特化してるので、誰とも会わず、一人で黙々と仕事してるのが好きなのでこの形に落ち着きました。

そして今やるべきことに集中していたら、おのずと仕事も増えて行きました。

  • ブログやSNSでの情報発信
  • ビジネスモデル構築
  • 組織・採用・人事制度作り
  • 財務(現在、他社のCFOを兼任)
  • 復活コンサルティング
  • 希少性の作り方
  • ブログ
  • 投資
  • M&A仲介
  • ファクタリング

「どうすれば自由に、よりストレスフリーに、より物心共に豊かに生きられるか?」をテーマに、
どこにいても生活し続けられるライフスタイルとワークスタイルの構築を続けています。

もともとは「依存なき自由を作る」というコンセプトで実践し始めたバカログですが、最終的に目指しているのは必ずしも「一人」でい続けることではなく「好きな人と好きなときに好きな場所でいっしょにいられること」にあります。

お金の自由はもちろんですが、語学や金融リテラシーなど、人格と能力の両方を手にした上で
バカにされないバカになるという最終的な自分の人格を目標にしています。

そういった0から1を作り、1から100にする資産的な力をひとつずつ獲得し、どこにいても暮らしていける状態を獲得することが、ぼくらの目指す「自由」です。

今後は海外へ拠点を移す予定です。

仮にもう1度、自分が腰を据えて事業家としてやるとしたら、世の中ない価値を作れる事業をやろうと思ってます。というのも、競合分析をして、市場規模を調べてと、自分たちでなくてもいい業界(他に類似している企業がいる)には進出はしません。

詳しくはこちらの記事:「独占する。競合しない。」をご覧ください。

4 こちらのメディアで情報発信をしています!

stocksnap_njrgizac8m

依存なき自由作りの理念や活動にご興味をもっていただけましたら、
以下のメディアをぜひフォローください。

・Facebook
>>メインの情報発信はこちらです。www.facebook.com/bakarogu/
お気軽に友達申請、フォローしてください。

・Twitter
>>その場で思ったことをつぶやいています。記事更新情報はこちら@keity_jp

>>主にブログマーケティングを伝えているオンラインサロン。今後実行していく予定です。

メッセージはこちらにお願いします

記事の感想やメッセージ、ケイティに聞いてみたいことやお仕事の依頼は以下のメールアドレスに直接お問い合わせください。たくさんのメッセージをいただきますので、お返事は2日ほどいただいておりますが、すべてしっかり拝読しております。

問い合わせページ

各実績やお仕事の依頼に関しまして

参考資料として、各実績やお仕事依頼に関しての情報を記載します。参考いただけますと幸いです。

>>お仕事の実績

>>記事広告などの依頼につきまして

バカログケイティについて:ブロガーであり投資家兼事業家、筋トレ。読書。ポーカー好き。

スポンサードリンク