努力よりも正しい選択を優先する | ゼロワン研究所

2017.1.9

55 views

努力よりも正しい選択を優先する

    SHARE :

どうも!ケイティです。

「努力よりも正しい選択を優先する」
いつもこのブログは、復活をしたい!再起したい!自分で事業をやりたいという人向けに書いているものになります。なので、事業や経営において特化して書いていきます。

ある多額の負債を負った経営者は言いました。
「どんな時に会社は潰れると思う?」と。

ここでの答えは、「不渡りを2度出したら」とかではなく、精神論として、「経営者が諦めた時」という答えでした。ある人は言いました「継続は力なり」と。

ただ、別のある人はこうも言いました。
「自分の拘りの為に、家族や、友人、自分によくしてくれている人たちも裏切るのか」と。

時には、歯を食いしばって努力することも勿論大事です、なんとか、最小の失敗で済ませてなんとかしたいという想いは皆一緒です。

自分が努力すればする程、周りが巻き込まれていくということもあります。

取り返しのつかない状況になり、完全に八方塞がり、攻めるも地獄、守るも地獄というのが経営をやっているとぶつかることがどうしてもあると思います。

そもそも選択した事自体が間違っていた場合、そこで、努力してもあなたの望む結果にはならないという事です。これから事業やる人は特に、先人の失敗から学ぶというのは自身の経営に大きく活かせることがあるので是非、疑似体験として読み進めてみてください。

正しい選択とは何か?

会社が廃業する理由の8割は、資金繰りです。
「資金繰りが大切だという事はよく知っている」しかし、実際、廃業理由のほとんどが資金繰りです。

経営者にとって本当にしんどいのは、資金繰りではなく、資金をお願いする事。そして、その資金を借りるのが、きちんと期日通り、返済できるのか。という責任感からくるプレッシャーです。

かといって、月末までに調達しないと、別の違う取引先、従業員、家族に迷惑がかかる。
攻めても地獄で守っても地獄という事がほとんどの経営者の境地です。

その時、ほとんどの人に訪れるのがフリーズです。
つまり脳みそが一切、働かなくなり、思考が停止状態になります。

しかし、期日はくる。考えないようにしていてもタイムリミットはくる。
まず、そういう状況になってしまった方は、普通に考えてたら鬱病になってしまうこともあります。

そんな状況の中は遠くを見ましょう。

目の前が見えない時こそ、遠くを見ろ。

船酔いというのは近くを見ているから酔うんです。
船釣りをやったことのある人なら誰しも経験はあるんじゃないでしょうか。

つまり、今目の前が見えなかったら、とにかく遠くを見る。一旦、今現状は忘れて遠くを見る。
一瞬、光が見えなくて、真っ暗い夜のように、全く先にも光が見えない時は、一旦思考を止めて、先のことを考えましょう。

先といっても1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後、自分はどこにいて、誰と一緒にいて、どこに住んでいるのか。ということではありません。

5年先です。自分も今の状況が想像できなくても復活していた5年後だけを根拠なく考えましょう。
ここで一旦、先を見るという事を頭に入れてください。

パターンを分ける

しばらく、落ち着いて、頭が少し働くようになったタイミングでやって見てほしいことがあります。
それが、パターン別のプランを作ることです。

5分でいいんです。

  1. 最高の状態を想像する
  2. 最悪を想像する
  3. このままいったらどうなるか。タイムリミットがいつか

その上で大切なことが、やはり経営がダメだったとしても人間的に悪いことをした訳ではありません。

罪を犯したわけでもありません
悪意があってやっていたことでもありません
本当に人生、どうしようもなかったということは起きます
その時大切にしたい価値観は何かということです

今ここで頑張る、努力することよりも、人間として正しい選択とはなんなのか。ということです。
この言葉で、自分がこれ以上努力することよりも、正しい選択としてどうすべきなのかということを考えましょう。

ある程度、自分の中で腹をくくるというのがこの辺りになると大切になってきます。
それをいつまでも腹をくくれないでいると往生際が悪くズルズルいって、最悪、身内まで裏切ることになり、資金難だけだったのが、家族も失い、友人も失い完全に一人、孤独になってしまうこともあります。

僕はまさにその状況まで行ったのでわかりますが家族や友人を裏切ってまで、やりたくないと思いました。

また、事業で資金繰りとして新たなに調達するのであれば、運の要素を取っ払って8割方の勝率がなければやめます。

というのも、その穴の空いたバケツにいくら資金を入れてもまた空いた穴から水が出るのであれば、一旦リセットして復活するために回りの方に力を貸してもらったほうがよっぽどいいのではないかと考えるからです。

0に戻ることを恐れない

元々誰でも最初は0からスタートします。
大きい事業をやらなければそんな多額のお金など必要ありません。

それに今は昔と違って、会社を作るのも中小企業支援法があり一円で会社だって登記できます。
クラウドファンディングだってあります。
ほとんどの事がお金など掛けなくてもできます。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

逆に完全に0だと思えば、今までの柵など関係なく、完全に0からやり直せるのです。
それであれば、事業をもう1度全然違う畑で作るのだって全然ありです。

周りを見てみれば、多種多様な生き方をしている人たちがいます。
ホームレス小谷さんという方をご存じでしょうか。

お笑い芸人だけど、収入が少ないので1日を50円で売り出して一躍人気になりました。

ホームレス芸人:小谷さん

他にも東大生なのに童貞というのを出した高野りょーすけさんとか、色々な事をやってる人がいて面白いと思います。

高野さんの場合は別にお金がないとかではありませんが、ようは、どんな生き方をするのかは本人の捉え方次第という事です。

まとめ

結論、何が言いたいかというと、努力よりも正しい選択を優先するというのは、一旦今の状況や環境を俯瞰して見た時に、自分で思っている程、そんなに最悪な状況ではないという事です。

問題が問題なのではなく、問題に対する捉え方の方が問題だという事です。
あとは以前にも書いた通り、幸福の定義をこの際改めて自分の中で考え、再スタートをしてもらえたらいいなと思います。

keity

関連記事:たどり着いた幸福の定義

あなたはギャンブルで借金を負った訳でもないし、犯罪に手を染めた訳でもない。
むしろ、従業員や会社を守るため自分の命を賭け人生をかけて生きてきた。

それであれば、別に恥じることなどないんです。
むしろ、リスクを取った生き方が出来る人間などそう居ません。

今、あなたがいくらの負債を負っているのかはわかりませんが、
サラリーマンや、ブロガーが1億なんて借りれるか?と言ったら、まず、無理でしょう。

つまり、それだけ社会から信用されたという事です。
逃げてしまう経営者や自分の身の振り方だけを考え、人としてズレた選択をする人もいる中で、真っ当に向き合って、自分のケツを自分で拭いているんですから、先を見て、終止符を打ちましょう。

虫歯と同じで、放置していても治ることはありません。
決めるなら早めに決断した方がいい。

経営をやっていると、投資とは違って、感情を0にして損切りする事ができないことはあります。

ですが、そんな時こそ、人が問われます。
努力よりも正しい選択を優先させましょう。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

    SHARE :

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています