チャンスとは何か?チャンスよりも大切な事! | ゼロワン研究所

2017.5.14

81 views

チャンスとは何か?チャンスよりも大切な事!

    SHARE :

こんにちは!ケイティです。

『チャンスとは?』何か?という事について定義をまとめました。よく情報商材とかに飛びついちゃう人に多い事だと思うけど、このチャンスの定義について記しました。

誰でも、事業を作ろうとしている時や、「チャンスはないか!?」と考えている人がいますが、もし他力本願的な考えで、チャンスを探していてもそれは無謀です。誰でも、もがき苦しむ時期はあります。

独立しようとかって考えていない人が大半なので、「独立したい!」「自分の飯は自分で稼ぐ」と考えてる人は、皆が通る道。なので、自己啓発本とかがいつの時代も売れるわけです。

なので、「独立したい」けど、なにからやればいいのかという人向けにチャンスの定義からチャンスよりもセレンディピティを起こす方法をわかりやすく解説しました。どうぞ!

結論

準備とチャンスが重ならない限り、いわゆる「成功」とかってありません。凄く魅力的な話があっても、準備(資金、知識、技術、経験、人脈)があってチャンスという外的要因が重なった時に1つの現象が成功とかって言われる訳です。

つまりチャンスと思える事があっても準備をしていない人にはなんの意味もないし、1円にもならない。

準備 × チャンス=サクセス

keity

準備が0ならチャンスが100でも=0になります。
つまり、準備が100あってチャンスが100あれば=10000になるわけです。


準備もしていないのに、チャンスは訪れません。では準備とは何か。自分の目指す方向に必要なリソースを自分の中に集めるという事です。

ウィキペディアでは

チャンス(chance)
(日本語では)何かを行うのによい機会のこと。「好機」とも言われる。ただし英語では「偶然性」の意味
※ウィキペディアより引用

つまり『偶然性』という事です。偶然性という事は、もし上手くいかなかったら、次再起する時、また偶然性に頼るのか!?という話になる。

つまり準備の出来ていない人が偶然性に巡り会う事を期待して生きている人が居るとすれば、宝くじ売り場に並んだ方がいい。

チャンスより『セレンディピティ』

セレンディピティ(serendipity)
セレンディピティとは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

※ウィキペディアより引用

事業でもコンテンツでもなんでもそうだけど、わからない事がわらからないから大抵の事が始まり、そこからどんどん深掘りしていく中で、知識が入り、考え方ができ、自分の思考で考えられるようになる。

つまり方法論にいくのではなく、自分の中での静と動から始まる。わからない事がわからないから、現状の何かに不満を感じ、その不満をグッと堪えるのか。

それともその『違和感』を深堀して、自分がどうしたいのか?自分がどうなったら心が満たされるんだろう?という事を考えてから全てはじまる。

そこからなんとなくの方向性が定まり目標らしき物が見つかり、そこから情報収集が始まり、セレンディピティ的な事が起こる。

そういう意味でいうと結果、「探しているものとは別のもっと価値があるものを偶然見つけること」がセレンディピティになるという事。この状態を自分の中で作らないとセレンディピティもチャンスも訪れない。

静と動


※画像はごめんなさい

最初は『静』:つまり自分の中で自分と向き合って考えたり、どうしたいのかと自分の中で突き詰めて考える事。そして、『動』に移行する。

ある程度の所まで考えたら、行動すべき事が何かがわかってきて、行動に移せるようになる。その行動が『動』になる。しかしある一定の所までいくとまた『静』に行く。その繰り返し。これを繰り返して行くと段々とわかってくる事がある。悩んでる事のフェーズが変わってくるという事

最初は、事業を作る時なんかも、どの事業でなにをやろうかと悩む。そこから事業ドメインが決定し、なにで事業をやるかが決まったら、いつやるのか。どれくらいの期間でどれくらいまで持っていこうか。と悩む領域が変わる。

最初独立したての時は、売り上げをどうやってあげるかに思考の99%が持っていかれる。しかし、ある一定期間が過ぎると、売上と利益が望んでいた結果に繋がると、「次はこれくらいしよう」と、次の目標が出てくる。

そこから、その目標をするためには必然的に1人では無理だという現実にぶつかる。そうするとどうやって採用しよう。採用条件はどうするか。

給与は。会社化した方がいい?と次々に問題が深堀されていく。その問題を解決し、あとは忙しく回るだけだ。それでも『静』と『動』は繰り返される。

ポイント!

悩むフェーズが変わってきたら変化している証拠。成長してる証拠。悩みがないのが一番の悪。なにも考えてない証拠

まとめ

チャンスとは何かチャンスとは『準備との掛け算で成立する。

自分の中の準備というリソースが集まってなければチャンスがきてもチャンスにも気づけない。
自分との向き合いで『静』と『動』をやっている人間には、他の人には見えないものが自分には見える状態になる。

準備が一番時間がかかる。この準備こそが全て!あとは思考がクリアになっているのでチャンスが敏感に気づく脳みそが出来上がっている。

これは何もビジネスに限った話ではない。スポーツでも音楽でも、芸能でもそうだろう。野球選手になりたいと思って野球場に応援しに行っていても野球選手にはなれないのは誰でもわかるように、準備こそが全て!

関連キーワード

    SHARE :

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています