僕がスーツを着ない理由!嫌いだから! | ゼロワン研究所

2017.5.16

159 views

僕がスーツを着ない理由!嫌いだから!

    SHARE :

↑もはやギャグ!!
はい、どうも!ケイティです。

そろそろ暖かくなってきて梅雨に入り、あのムシムシした日が終わったらカンカンの真夏がやってきますね。

そんな中スーツ着てる人見ると、「罰ゲームか!?」とすら思う。出来たらスーツをこの世からなくしてしまえば全員私服でなんの違和感もなくなる説、あると思います。

そんな訳でスーツを何故僕が着なくなったのか、スーツを着ないで社会人になる方法を書いてみました。そして、「スーツ 嫌い」「スーツ 着たくない」と思ってる方に、どうやったら出来る限りスーツを着ないで終えられるかについて紹介していきます!

スーツを着ない理由・そもそも人からどう見られるかどうでもいいと思っている。

スーツを着ないのは単に身動き取りづらいし、僕自身、見た目で売ってるわけではないし、スーツを着ると生産性が上がるとは思えないから!だけど、不潔そうな恰好はしないよ。僕は自分の着たい服をきている。僕のためにやってるだけ。

人の目を気にしているわけではない。究極、他人からの見られ方を気にしすぎると行き過ぎて自分じゃなくなる、ただ自分に素直に生きているだけ。さすがに冠婚葬祭は着るよ。そういう礼儀は持ってます。

むしろ普段から私服で金髪で鼻ピアスでも僕はなんの不快感もない。(だけど、僕は顔が少し人より濃いから金髪だと完全に外国人に間違われる&鼻ピアスは無理。耳は昔はしてたけど、鼻は痛そうだからやらない)見た目と力量って全く関係ないでしょ。

それで中身もチーンみたいな感じだったらわかるけど、そうじゃないならいいんじゃない?求められる事に見た目も入る仕事ならスーツを着るのも仕方がないと思うけど、今の僕は求められるのが見た目ではないから大丈夫!

こうなったらスーツを着ないでいい仕事を選ぼう!

今回この記事を作るにあたってリサーチしたところ、スーツを着なくていい仕事は世の中ではまとめられていませんでした。なので、まとめてみようと思います。はいどうぞ!

大手と公務員以外だいたいOK! 以上

これで覚えましょう。だいたいBtoB系はスーツ、あとBtoCでも営業系だとスーツ。社外の誰にも会わないなら私服でもパジャマでもジャージでもふんどしでもいいと思うけど、社外の人と関わる以上はどうしても、これは現世では切っても切れないでしょう。

しかし、エンジニアとかでは大手でも私服で仕事している人も大分多くなってきてるよね。そもそも夏も外には出ないでパソコン弄ってるからスーツである必要がないんだけどね。

以前の会社では

スーツがカッコいいと思ってる子たちもやはり居たから、スーツで着たい人は着ればいいし、スーツじゃなくオフィスカジュアルが好きな人はそれでもいいし、完全私服がよければそれでもいいし。

外部の方や目上の方と会う時は、先入観で「なんだこいつ」って思われたりする事もあるから、せめて襟付きのシャツくらいにしてたよ。

就活生のスーツについて

一言でいうと、「ご苦労様です。」

就活生なんかはリクルートスーツ着て大変だと思うけど、以前こんな就活生が居たよ。

就活中の人は、皆同じような恰好して、真夏にリクルートスーツを着てって反対意見言う人多いですけど、私は、逆に全員見た目を同じようにされてるから、その方が、あと中身でしか勝負のしようがないんだからその方が平等だと思うですよねー」と言ってる子がいました。

会社なんてどうせ「協調性」みたいなところ見てるだけなんで、スーツじゃなくもてきちんと、自分が何故スーツを着ないのかというロジックがあって説得力をもって相手に納得させられたらそれでいいと思う。むしろ面白いと思って採用してくれる人なんかもいると思います。

以上、就活生へのアドバイスでした。

まとめ

てことで、あまり人目をにしないで、スーツなんて着なくていい仕事してみたら?

「じゃあ、お前実際そんな事ができるのか?!」という声が聞こえてきそうですが、僕はやりました。転職活動中。どうみてもスーツ姿の写真が求人広告に掲載されてる中、私服で面接に行きました。でもほとんど突っ込まれる事はなかったです。

「1社だけスーツとかって着たりしないんですか?」と聞いてきたので、「スーツを着ると生産性落ちるんで、敢えて着ないようにしている。スーパーマンもあの服脱ぐとただのおっさんになっちゃうのと同じです(意味不明)。それに、どうしてもスーツを着てくれという会社さんの内定は基本辞退している」と笑顔で答えたら内定出たよ!

結果、今僕はスーツを着ないで仕事をしている(笑)

関連キーワード

    SHARE :

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています